宅建士試験概要 - 通信講座「宅建士合格システム」 / 株式会社エム・アイ・シー

宅地建物取引士

毎年19万人以上が受験する注目資格

女性

宅地建物取引士は、不動産の売買や賃貸の仲介などに不可欠な資格です。
不動産は大切な資産です。
その大切な資産を取り扱う宅建士の資格は、ニーズが高く、国家 資格のなかでは、抜群の知名度を誇っています。
宅建士がいなければ、不動産業者が宅建業を営むことができません。
必要とされるのは不動産業だけでなく、金融業界、企業の財務や総務部門でも要求される資格です。

活躍できる資格です

企業や社会での評価は、過去の実績と資格がものをいいます。
資格があれば評価されることはもちろん、待遇面・給与面で優遇されます。
資格を取得することで、身についた知識は大変重要なスキルとなります。

宅建士は、国家試験の中でも、特に人気が高い試験です。
宅建士を受験するのは、不動産関係者だけではありません。
一般企業の人や、主婦、学生が圧倒的多数を占めている資格です。

就職や転職のときに有利になるように、行政書士や司法書士などの試験の登竜門として、
そして、企業に勧められて資格取得を目指しています。

企業が宅建士資格者を歓迎する理由は、土地や建物は企業活動の基盤となるものだからです。
土地や建物の売買、賃貸借取引の知識を持つ宅建士の活躍の場は、不動産業界だけではありません。

金融、その他一般企業の評価対象となる

不動産業界のほかにも宅建の資格を歓迎する業界には、住宅メーカーや、銀行・保険会社などの金融機関などがあります。
また業種を問わず、企業の総務・財務部門などでは、宅建の知識を活かし会社の資産(不動産)の管理・運用に携わっている人がたくさんいます。

このように幅広いニーズとともに、受験しやすいことも人気の理由になっています。

試験合格から宅地建物取引証交付まで

試験合格からの流れ

  • 「宅建士合格システム」資料請求
  • 「宅建士合格システム」講座お申し込み